霞ヶ関CC、女性正会員OK!東京五輪ゴルフ会場問題解決

 2020年東京五輪のゴルフ会場に予定されている霞ヶ関CCが20日、埼玉県川越市内のクラブハウスで臨時理事会を行い、女性正会員を認めていなかったクラブの細則を改定することを決定した。同クラブには1月、国際オリンピック委員会(IOC)から差別を禁ずる五輪憲章に抵触するとして、改善要求が出されていた。

 東京五輪ゴルフ会場問題が、解決した。IOCから改善要求が出ていた霞ヶ関CCが、「女性正会員」を認める方向で細則を改定した。

 この日行われた臨時理事会で、15人いる理事全員の賛同で改定を決議。「一定の年齢に達した男子とする」としていた「正会員」に関する細則の末尾を、「男子とする」から「者とする」に変更。「家族会員」に関する細則にあった「正会員の妻」の文言も「正会員の配偶者」とし、「会員の種類の変更」の細則にあった「男子たる」との言葉も削除した。

 木村希一理事長はサンケイスポーツの取材に、「理事全員が今回の状況は理解しており、クラブを愛する気持ちの上から決まった。五輪ということだけにかかわらず、クラブの将来を考えた上での決定です」と説明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧