新横綱稀勢の里、初黒星 連勝止まり、照ノ富士と並ぶ 春場所

 大相撲春場所13日目は24日、エディオンアリーナ大阪で行われ、新横綱稀勢の里は横綱日馬富士に一方的に寄り倒されて初黒星を喫し、初日からの連勝は12でストップした。日馬富士は10勝目。

 大関照ノ富士が横綱鶴竜を寄り切って12勝目を挙げたため、稀勢の里と照ノ富士が1敗でトップに並んだ。鶴竜は5敗目。10勝すれば大関に復帰できる関脇琴奨菊は勝ち越した。関脇高安と平幕栃煌山はともに3敗目を喫した。

 十両は小柳と大砂嵐が4敗で首位に並んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧