北の富士氏、休場危機の稀勢の里は「これはあしたはもう、無理かもね。えらいことになった」 春場所

 大相撲春場所13日目(24日、エディオンアリーナ大阪)新横綱稀勢の里(30)が横綱日馬富士(32)に寄り倒され、初日からの連勝が12でストップし、土がついた。大関照ノ富士(25)は横綱鶴竜(31)を寄り切り、1敗を守った。関脇高安(27)は平幕嘉風(35)に押し出され、3連敗となった。

 NHKの大相撲中継で解説を務めた元横綱北の富士勝昭氏(74)は、取組後に左肩を押さえ、苦痛でうなり声を上げた稀勢の里について、「これはあしたはもう、無理かもね。えらいことになった」と休場の可能性を指摘した。「それにしても集中力はすさまじい」と土をつけた日馬富士を評価した。 

 稀勢の里の本場所での休場は、右足親指負傷による平成26年初場所千秋楽の1日しかない。14日目は横綱鶴竜(31)が待ち受ける。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧