稀勢の里、左肩付近を負傷 患部固定、病院へ搬送 春場所

 大相撲の新横綱稀勢の里(30)=本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が春場所13日目の24日、横綱日馬富士戦で初黒星を喫した際に左肩から胸部にかけて負傷した。取組後に三角巾で患部を固定し、救急車で大阪市内の病院へ搬送された。

 稀勢の里は日馬富士に寄り倒されて土俵下へ転落。しばらく起き上がれず、険しい表情のまま右手で左肩付近を押さえたまま引き揚げた。支度部屋で診察した医師によると、稀勢の里は「動かない。痛みがあって動かすのが怖い」と話したという。

 稀勢の里は安定した取り口が目立って初日から12連勝し、優勝争いを引っ張ってきた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧