尾車親方、連敗の稀勢は「だいぶ悪いんじゃないですかね」 立ち合い変化の照ノ富士には苦言 春場所

 大相撲春場所14日目(25日、エディオンアリーナ大阪)新横綱稀勢の里(30)が、横綱鶴竜(31)に寄り切られ、連敗で2敗目を喫した。大関照ノ富士(25)は立ち合いの変化で関脇琴奨菊(33)をはたき込み、1敗を守り単独トップに立った。26日の千秋楽で稀勢の里と対戦する。琴奨菊は6敗となり、1場所での大関復帰の可能性が消えた。 

 NHKの大相撲中継で解説を務めた尾車親方(元大関琴風)は、鶴竜に一方的に寄り切られた稀勢の里について、「左の肩から当たっていけなかった。やっぱりだいぶ悪いんじゃないですかね」と左肩をテーピングで固めた新横綱の状態を心配した。

 立ち合いの変化で琴奨菊を下し、1敗を守った照ノ富士には、「力がない人じゃないんだから。真っすぐにいってもらいたかった。勝ち負けは大事だけど、ここはちょっと、思い切って当たりあってもらいたかったね」と苦言を呈した。

 大関復帰を逃した琴奨菊は「力はあるんですから。こんなことで退くようなことだけは考えてもらいたくない。もう1回大関を目指してがんばってもらいたい。それだけの力はあるんだから」とエールを送った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧