元朝青龍、手負いの稀勢の里は「左肩全然力が入らない!!しかし勝ちたい気持ちが溢れる!!」

 大相撲春場所千秋楽(26日、エディオンアリーナ大阪)13日目に左肩周囲を負傷し、けがを押して強行出場した新横綱稀勢の里(30)が優勝決定戦で大関照ノ富士(25)を小手投げで下し、13勝2敗で2場所連続2度目の優勝を飾った。本割の取組で照ノ富士を突き落とし、13勝2敗で並び、優勝決定戦に持ち込んだ。新横綱での優勝は平成7年初場所の貴乃花以来、22年ぶりの快挙となった。照ノ富士は関脇時代の平成27年夏場所以来、11場所ぶり2度目の優勝はならなかった。

 大相撲元横綱朝青龍のドルゴルスレン・ダグワドルジ氏(36)は自身のツイッターで、「稀勢の里の左肩全然力が入らない!!しかし勝ちたい気持ちが溢れる!!」と勝因を分析していた。

 ダグワドルジ氏は平成15年初場所後に第68代横綱に昇進。稀勢の里と同じ雲竜型を選んだ。幕内で25回優勝し、22年初場所後に引退した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧