手負いの稀勢の里、平成の大横綱とだぶって見えた “感動V”の貴乃花と同じ悲劇を繰り返すな/春場所

 この結末を、誰が予想しただろうか。けがを押して出場した稀勢の里は本割で照ノ富士を突き落とし、13勝2敗で追い付くと、決定戦では1メートル92、185キロを誇る大関を小手投げで下し、2場所連続2度目の優勝を遂げた。

 13日目の日馬富士戦で左肩を負傷。取組後に三角巾で患部を固定し、救急車で大阪市内の病院へ搬送された。ファンの期待と不安が入り交じる中、14日目の鶴竜戦に強行出場も2秒余りで寄り切られ、万事休すと館内からため息がもれた。

 前日から打って変わっての逆転劇に、平成の大横綱の姿がだぶってみえた。平成13年夏場所千秋楽。横綱貴乃花は前日に右膝半月板を損傷する重傷を負い、師匠の二子山親方(元大関貴ノ花)からも休場を勧められながら、優勝がかかっていたため強行出場した。

 本割では横綱武蔵丸に簡単に突き落とされた。2敗で並び、優勝決定戦へ。そこで上手投げで相手を土俵へ転がし、両目を見開き、「鬼の形相」を浮かべ、内閣総理大臣杯を手渡した当時の小泉純一郎首相は「感動した!」と絶叫した。その一方で日本列島を感動の渦に巻き込んだ代償は大きく、貴乃花はその後、7場所連続休場し、引退へと至った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧