稀勢の里、捨て身の右小手投げは「最後にかけた。土俵際にかけた」 左肩は「ほっとけば治るという感じ」

 大相撲春場所千秋楽(26日、エディオンアリーナ大阪)13日目に左肩周囲を負傷し、けがを押して強行出場した新横綱稀勢の里(30)が優勝決定戦で大関照ノ富士(25)を小手投げで下し、13勝2敗で2場所連続2度目の優勝を飾った。本割の取組で照ノ富士を突き落とし、13勝2敗で並び、優勝決定戦に持ち込んだ。新横綱での優勝は平成7年初場所の貴乃花以来、22年ぶりの快挙となった。照ノ富士は関脇時代の平成27年夏場所以来、11場所ぶり2度目の優勝はならなかった。

 稀勢の里はNHK「サンデースポーツ」(日曜後9・50)に優勝力士として生出演した。

 --多くのファンが感動した

 「応援のおかげでここまで力がでた。本当にうれしい」

 --けがの状態は

 「詳しいことはわからないが、たぶん大丈夫だと思う」

 --最高の1日だった

 「オープンカーの上に乗ったときにうれしさを感じた」

 --どんな思いで土俵に上がった

 「やれることは全部やろうという気持ち」

 --本割の取組は

 「足は元気なので、何とかしようと思った。足は元気だから必死にやった。ここまでやったら最後まで力を出し切ろうという気持ちでやった」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧