二刀流ピ~ンチ?!日本ハム・栗山監督、“投手”大谷「出さない」

 日本ハムは3日、ロッテ戦(4-6日、ZOZOマリン)に備えて、新千歳空港から全日空機で移動した。栗山英樹監督(55)は大谷翔平投手(22)に対して強権を発動し“全力疾走禁止令”を守らなければ、投手として復帰させない考えを示した。打者として開幕3連戦で打率・667、1本塁打と絶好調の大谷は4日に対戦するワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表の石川歩投手(28)の攻略に意欲を燃やした。

 栗山監督の親心だった。できるだけ早期の投手復帰をもくろむ大谷に対して、高いハードルを設けた。

 「いまのままでは、サヨナラの場面だったら絶対に走ってしまう。(全力疾走を自重)できなければ(投手として)出さない? それはそう。走塁でも見定めている」

 1日の西武戦の一回に放った二塁内野安打で、大谷は首脳陣から禁止されている全力疾走をし、回復途上の右足で一塁ベースを踏んだ。全力疾走の禁止と左足でベースを踏むようにきつく言い渡したが、さらに駄目を押した。

 アスリートとしての本能でもある全力疾走にNGを出してまで、栗山監督が絶対に避けなければならないと思っているのが、右足首痛の再発。その予防には、走塁改革を徹底しなければならない。大谷には、オープン戦期間中から左足でベースを踏む練習を繰り返させてきたが、いざ試合になると、長年染みついてきた癖で右足で踏んでしまうことがある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ