坂東亀三郎、始球式でワンバン投球「マリンの風に運ばれてしまいました」

 歌舞伎俳優の坂東亀三郎(40)が14日、ロッテ-西武1回戦(ZOZOマリン)で始球式に登場した。5月に東京・歌舞伎座の「團菊祭五月大歌舞伎」で九代目坂東彦三郎を襲名する亀三郎は、背番号「9」のシャツでマウンドに立つと、右打席にロッテの外国人、ダフィーを迎えて投球。惜しくも外角へワンバウンドしてしまい、「マリンの風に運ばれてしまいました。ぶつけないでよかったですが、ちょっと硬くなりましたね」と苦笑いを浮かべた。

 亀三郎はヤクルトファンとして知られ、2014年からサンケイスポーツのヤクルト専門タブロイド紙「丸ごとスワローズ」で、コラム「いよっ、つばめ屋」を連載している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ