球界初の理論書21日発売 「野村克也 野球論集成」

 サンケイスポーツ専属評論家、野村克也氏(81)の野球理論の集大成となる「野村克也 野球論集成」(野村克也著、サンケイスポーツ編、四六判上製424ページ、税込み1998円)が、21日に徳間書店から発売される。

 野村氏は昨年4月から12月まで、サンケイスポーツで182回にわたって野球理論「ノムラのすべて」を連載した。2004年頃から書き上げたA4判用紙200枚超の門外不出の野球ノートに、直近の事例を加えて解説。プロ、アマを問わず指導者からの反響が大きく、サンスポにバックナンバーの問い合わせが多く寄せられた。

 その内容は野球の総論から始まり、投手、打者、捕手、作戦、走塁、監督の各論を網羅。これまでの野球書は打者が打撃を、投手が投球を論じたものばかり。一人のプロ野球OBが、野球のすべてを解説したものはない。まさに日本の野球史に残る、初めての野球理論書となった。

 6月に82歳となる野村氏にとっても、最初で最後の実践的野球理論書。「ありがたいことです。私の理論はあくまで原理原則を述べたもの。それぞれの指導者が私の考えを消化して、新しい野球を見せてくれればいい」と語っている。

 ネットでの購入はamazonなどで。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧