阪神、巨人と並ぶ2位に浮上 福留の先制3ラン&メッセが10奪三振

 (セ・リーグ、巨人1-4阪神、3回戦、21日、東京D)阪神は一回、4番・福留が右越え2号3ランを放ち、そのまま逃げ切った。先発のメッセンジャーが10三振を奪うなど8回5安打1失点と好投し、3勝目。チームは巨人に並んで2位に浮上した。

 相手先発・マイコラスの立ち上がりを攻めた。阪神は一回、先頭・高山が中前打を放つと一死後、糸井が右前打で一、二塁。続く福留がマイコラスのカーブを捉えた。右翼スタンドに飛び込む一発で主導権を奪った。

 巨人は三回に4番・阿部が中犠飛を放ち、1点を返したが、阪神は五回に二死満塁とすると、北條が押し出しの四球を選び、4-1とした。

 阪神のメッセンジャーはG打線を力でねじ伏せ、八回を終えると金本監督とがっちり握手。九回は守護神・ドリスが無失点で締めた。 

 巨人は連勝が4で止まった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧