フジサンケイL 打球直撃の男性搬送、4針縫うけが

 21日に行われた女子ゴルフのフジサンケイレディスクラシック第1日で、比嘉真美子が5番(パー5)で放った第2打が左に曲がり、観戦していた男性の右前頭部を直撃。男性は救急車で病院に運ばれ、4針を縫ったが、脳波などに異常はなかったという。

 比嘉は付き添うために棄権を申し出たが、競技委員に促されてプレーを続行。スコアは1アンダーにまとめたが、ラウンド中から涙を浮かべ、動揺を隠せなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧