舞妓・ふく珠さんが甲子園始球式 「幸せどす」

 阪神・金本知憲監督(49)の球団公認後援会「6虎会」を代表し、京都・宮川町の舞妓・ふく珠さんが30日、甲子園で行われた阪神-中日の始球式を務めた。初めて聖地のマウンドに着物姿であがり、梅野のミットめがけて投げ込んだが白球は手前で失速…。それでも「幸せどす。(兵庫・)明石出身でタイガースファンです。地元やし、すてきなチャンスをいただいた。爽快でした」と愛らしい笑顔で振り返った。

 グラブには金本監督のサインに自身の名前、6虎会の刺繍(ししゅう)を施し、かんざしは阪神のマスコットキャラクターであるトラッキーをかたどり、“阪神愛”全開で投球に臨んでいた。試合前まで13勝10敗で首位・広島を2ゲーム差で追う阪神へ「負けたら悔しい。優勝してほしいどす」とエールを送った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ