元横綱佐田の山が死去 相撲協会元理事長 4月27日に、79歳

 大相撲の元横綱佐田の山で、日本相撲協会の理事長を務めた市川晋松(いちかわ・しんまつ)氏が4月27日、肺炎のため東京都内の病院で死去した。79歳。長崎県出身。故人の遺志により、葬儀は親族で行った。

 1956年初場所に初土俵を踏んだ。激しい突き、押しで頭角を現し、61年初場所に新入幕を果たすと、幕内3場所目で平幕優勝。3度目の優勝を飾った65年初場所後に第50代の横綱に昇進。68年春場所で現役を退いた。横綱在位は19場所、幕内優勝は6回だった。

 引退後は年寄「出羽海」を襲名して出羽海部屋を継承。相撲協会では92年から3期にわたって98年まで理事長を務めた。3期目からは協会運営に専念するため名跡を「境川」に変更し、部屋を元関脇鷲羽山に譲った。

 2000年には理事長経験者としては異例の審判部長に就任。03年2月に中立親方として相撲協会を定年退職した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧