張本氏、9点差逆転で奪首の阪神は「あっぱれ!若手をそれいけ、それいけと使っている」

 野球評論家の張本勲氏(76)が7日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・0)の名物コーナー「週刊・御意見番」に登場。6日の広島との首位攻防戦(甲子園)で球団史上最大となる9点差を逆転するミラクル勝利で、今季初の単独首位に立った阪神について、「あっぱれ!若手をそれいけ、それいけと使っている。勢いで逆転した」と絶賛した。

 一方で広島には「喝だ!0-9から逆転される、こういう傾向はこれから出てく

る。バッター有利だもん。菊池の欠場が痛い。菊池がいると守備が締まる」と菊池涼介内野手(27)の存在の大きさを指摘した。

 阪神は0-9の五回に梅野の適時打で反撃開始。六回は5四死球と高山の3点三塁打などで7点。七回に糸原が同点打、梅野が勝ち越しの三塁打。12-9で逆転勝ち

した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧