稀勢の里 二所ノ関一門連合稽古で16番

 大相撲夏場所(14日初日、両国国技館)に向けた二所ノ関一門の連合稽古が8日、千葉県船橋市の二所ノ関部屋で行われ、左上腕付近の負傷を抱える横綱稀勢の里は平幕豪風、十両琴恵光を相手に14勝2敗で「稽古場は一日一日充実している」とうなずいた。

 左肩から上腕にかけて分厚いテーピングで固定した稀勢の里は、左差し右上手で寄り切る相撲が目立った。豪風には立ち合いから一気に押し出されるなど、続けて敗れる場面も。あえて相手に力を出させ、踏ん張れるかどうかを試しているようにも映った。

 関取衆との相撲を再開して3日目。この日は比較的軽い相手を指名し、役力士との稽古を回避したが、本人は「今まで場所前に十両や幕内下位とやることはなかった。また違うものが得られる。いいチャンスになる」と前向きだ。

 見守った解説者の北の富士勝昭(元横綱)氏は「万全には遠い。どうしても(駄目)なら休む手もある」と評した。出場を目指す稀勢の里は「しっかり体をつくっていきたい」と残り1週間を切った夏場所初日へ照準を合わせている。(藤原翔)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ