稀勢の里、夏場所へ「一日一日集中」 野見宿禰神社で土俵入り 大相撲夏場所

 大相撲の東横綱稀勢の里関(30)=本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=は12日、東京都墨田区の野見宿禰神社で行った土俵入り後に取材に応じ、3連覇の懸かる夏場所(14日初日・両国国技館)に向けて「一日一日集中してやるだけ」と意気込みを語った。

 左上腕付近の負傷の影響で出場が不安視されていたが「稽古を始めてすぐから、いけると思った。みんな痛いところはある。自分だけじゃない」と説明した。初日に小結嘉風関、2日目に平幕隠岐の海関との対戦が決まり「平常心で、一生懸命やる」と気合を入れた。

 「相撲の神様」である野見宿禰を祭った同神社での土俵入りは、横綱に昇進した力士が最初の東京での本場所前に行う。太刀持ちに高安関、露払いに松鳳山関を従え、力強い雲竜型を披露し、「身が引き締まる思い。気持ちを込めて堂々とできた」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧