横綱初凱旋に熱狂!稀勢、V3へ14日出陣「しっかり感じてやるだけ」

 大相撲夏場所は14日、東京・両国国技館で初日を迎える。13日は土俵祭りと優勝額贈呈式が行われ、今年の初場所と春場所を制した横綱稀勢の里(30)に2枚の優勝額が贈られた。横綱として迎える初の東京場所。「また(優勝額を)いただけるように、しっかりやりたい」と稀勢の里。先場所痛めた左上腕部などに不安は残るが、3場所連続優勝を誓った。

 「稀勢さま~」。女性ファンの絶叫が、国技館のロビーに響いた。初日を翌日に控えた土俵祭りを終えた稀勢の里が姿を見せると、カメラに収めようと必死で撮影する一般見学者たち。中には手を合わせて拝む年配者もいた。

 「(期待を)しっかり感じてやるだけ。一日一日集中したい」

 “稀勢の里フィーバー”が続く中、いたって冷静な口調の主役は土俵祭りの後、国技館に新たに掲げられる優勝額の贈呈式に出席した。悲願の初優勝を飾った大関時代の1月の初場所と、新横綱で優勝した3月の春場所の2枚が贈られた。

 縦3・17メートル、横2・28メートルの巨大な額。稀勢の里は「こんな立派な優勝額をいただいて、本当にありがたい。またいただけるようにしっかりやりたい」。感慨深げな表情を浮かべながら、昭和12年夏場所の双葉山以来80年ぶりとなる初優勝からの3連覇に向けた強い思いを口にした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧