北の富士氏、黒星発進の稀勢は「完璧にはほど遠い。あと14日間、持ちこたえられるか」 夏場所

 大相撲夏場所初日(14日、東京・両国国技館)左上腕付近に負傷を抱えながら3連覇を目指す横綱稀勢の里(30)は小結嘉風(35)に押し出され、黒星発進となった。他の3横綱は休場明けの白鵬(32)は初顔合わせの平幕千代の国(26)、日馬富士(33)は関脇琴奨菊(33)をそれぞれ寄り切ったが、鶴竜(31)は小結御嶽海(24)に押し出され土がついた。2度目の大関とりに挑む関脇高安(27)は平幕大栄翔(23)をはたき込んだ。

 テレビ解説を務める北の富士勝昭氏(75)=元横綱=は、「本場所と稽古場は違う。良くなっているんだろうけど、完璧にはほど遠い。あと14日間、持ちこたえられるか悪化するか。途中休場ということだけは…。そういう状態にならなきゃいいなと心配するだけ」と深刻な表情を浮かべた。稀勢の里は2日目に平幕隠岐の海(31)との対戦が組まれている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧