稀勢の里、鶴竜は黒星発進 大関とり高安は白星

 大相撲夏場所初日は14日、両国国技館で行われ、左上腕付近に負傷を抱えながら3場所連続制覇を狙う横綱稀勢の里は小結嘉風にいいところなく押し出され、横綱鶴竜も小結御嶽海の押しに屈した。ほかの2横綱は白鵬が平幕千代の国を、日馬富士は関脇琴奨菊をともに寄り切った。

 2度目の大関とりに挑戦する関脇高安は平幕の大栄翔を危なげなくはたき込んだ。大関陣は、休場明けでかど番の豪栄道が隠岐の海を下手出し投げで下したが、照ノ富士は遠藤に寄り切られた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧