稀勢の里、遠藤に敗れ2敗目 大関とりの高安は全勝キープ 夏場所

 大相撲夏場所4日目(17日、東京・両国国技館)左上腕付近に負傷を抱えながら3場所連続優勝を目指す横綱稀勢の里(30)は平幕遠藤(26)に押し出され2敗目を喫した。他の3横綱は白鵬(32)が平幕隠岐の海(31)を寄り切り、日馬富士(33)は平幕千代の国(26)を押し出し、ともに4連勝。鶴竜(31)は小結嘉風(35)に押し出され、1勝3敗となった。大関とりの高安(27)は小結御嶽海(24)を首投げで下し、4戦全勝とした。

 3月の春場所終盤で負傷した稀勢の里の左上腕部、左大胸筋の患部には厚いテーピングが施されたまま。その影響で左腕が思うように使えず、初日に嘉風に敗れるなどもどかしい土俵となっている。それでも、負傷したときも休場を選択せず、逆転で賜杯を抱いた先場所。横綱はこういっていた。「上(上半身)が駄目なら下(下半身)でやる」。だから、4月の春巡業を全休したその間も下半身に特化したトレーニングを継続した。

 負傷を抱えていても、跳んだり跳ねたりはしない。3場所連続優勝へ向け、平幕相手に星を落とさず序盤を乗り切りたいところだったが、早くも2敗目となった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧