遠藤、稀勢の里から初金星奪う 「最初の金星を取りたい気持ちでいっぱいだった」 夏場所

 大相撲夏場所4日目(17日、東京・両国国技館)左上腕付近に負傷を抱えながら3場所連続優勝を目指す横綱稀勢の里(30)は平幕遠藤(26)に押し出され2敗目を喫した。他の3横綱は白鵬(32)が平幕隠岐の海(31)を寄り切り、日馬富士(33)は平幕千代の国(26)を押し出し、ともに4連勝。鶴竜(31)は小結嘉風(35)に押し出され、1勝3敗となった。大関とりの高安(27)は小結御嶽海(24)を首投げで下し、4戦全勝とした。

 稀勢の里から初めて金星を奪った遠藤は、「まだ横綱は金星を誰にも与えていなかったのでチャンスだなと思って、最初の金星を取りたい気持ちでいっぱいだった」としてやったりの表情。「けがをしているけど、(稀勢の里は)体が大きくてくっつけたら体力負けすると思ったので、自分の流れを作って相撲を取ろうと思った」と冷静に振り返った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ