稀勢の里、初の金星配給に「…」 序盤戦で2敗目 大相撲

 やや消化不良の黒星だろう。稀勢の里は土俵中央で右足が流れて崩れかけた遠藤を思わず引いてしまった。結果的に呼び込む形となり、そのまま押し出された。

 八角理事長(元横綱北勝海)は「遠藤は稀勢の里が(前に)いたから残れた。稀勢の里は負けた気がしないだろう。ただ、腰高だから押し込まれる」と見た。

 本人はついはたいたか、と問われて「うん」と言った後は初の金星配給の悔しさや、明日以降への出場について聞いた報道陣の質問には答えず。淡々とした表情で引き揚げた。

 左上腕付近にけがを抱えながら臨む今場所。「十分いい仕上がり」と自信を持って出場したが、まだ小結以下としか当たっていない4日目にして2勝2敗では先行きが懸念されてしまう。(藤原翔)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ