錦織圭が3回戦で敗退 デルポトロにストレート負け イタリア国際

 テニスのイタリア国際は18日、ローマで行われ、男子シングルス3回戦で第7シードの錦織圭(日清食品)は2009年全米オープン王者で世界ランキング34位のフアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)に6-7、3-6で敗れ、8強入りはならなかった。

 錦織は初戦の2回戦で好調だった第1サーブで苦しみ、先にブレークを許す展開になった。第1セットはタイブレークに持ち込んだものの落とし、第2セットはサーブ、ショットとも調子を上げた相手に押し切られた。

 ■錦織圭の話「ショットが全般的に浅かった。最悪の試合ではなかったが、要所で足りないところがあった。思うようにいかなかった」(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧