石川遼は内容に満足 予選落ちも「久しぶりいいラウンド」 米男子ゴルフ

 予選通過に2打届かなかったが、69と伸ばした石川は「久しぶりにいいラウンドができた」と内容に満足した。出だしの10番は寄せがいまひとつでボギーとしたが、13番で強めに打った10メートルのバーディーパットがカップに沈むと、歓声に笑みを浮かべた。

 16番、7番とパー5のホールできっちり伸ばし、「思った通りのショットが打てた。このラウンドが4日間できればいい」。パー4で「8」をたたいた第1日の11番のミスを取り戻すことはできなかったが、「これからが勝負かなと思う」と気落ちしたところは表に出さなかった。次は6月初めのメモリアル・トーナメントに出場。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧