稀勢の里余裕「いいんじゃないですか」 上り調子に手応え

 勝負を決するのにこの日幕内最長の54秒8を要したが、稀勢の里には余裕があった。

 御嶽海に右前まわしを引かれたが、左下手を取って我慢。時間をかけて相手の体力を奪い、右から抱えたまま腰を落として寄り切った。

 左上腕付近に負傷を抱えながらも3連勝で2敗を守り、相撲内容は少しずつ上向いてきた。本人も「いいんじゃないですか。集中してやれている」と手応えを口にした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ