舞の海氏、3場所連続V絶望的の稀勢は「左を差さないと残す力が今場所はない」

 大相撲夏場所10日目(23日、東京・両国国技館)左上腕付近に負傷を抱える横綱稀勢の里(30)は、関脇琴奨菊(33)に寄り切られ、連敗で4敗目。3場所連続優勝は絶望的となった。横綱白鵬(32)は大関とりの関脇高安(27)を寄り倒し、横綱日馬富士(33)は平幕栃煌山(30)を寄り切り、全勝を守った。高安は2敗目を喫し、優勝争いから一歩、後退した。

 NHKでテレビ解説を務めた舞の海秀平氏(49)=元小結=は、「きのうと同じで(相手の)立ち合いをとめることができなかった。左を差さないと残す力が今場所はない」と栃煌山に完敗した9日目と同じような内容だったと指摘。また琴奨菊については、「集中力。意地ですね」と評価していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧