稀勢の里休場 懸賞52本中、9本が取りやめ 他の取組へ変更で大幅減は免れる

 大相撲夏場所11日目の24日、横綱稀勢の里関が休場し、関脇玉鷲関との取組に懸けられていた52本の懸賞のうち、9本が取りやめで残りは他の取組に変更となった。

 今場所前の時点で稀勢の里関の一番への指定懸賞は608本あったが、日本相撲協会の担当者によると、休場で辞退されるのは千秋楽までで約20本の見通しで、大幅な減少は免れそうだ。

 このほか稀勢の里関と同部屋で大関昇進に挑んでいる関脇高安関や、各日の結びの一番への変更申請があったという。15日間の総本数は2100本前後の予想で、過去最高の2015年秋場所の1979本は上回る見込み。担当者は「取りやめが少なく、広く大相撲を見ていただいて、ありがたい」と感謝した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧