「正々堂々は自分の大関像」 稀勢の里との優勝争い「もちろんやりたい」 新大関高安が伝達式後に会見

 日本相撲協会は31日、東京都墨田区の両国国技館で大相撲名古屋場所(7月9日初日・愛知県体育館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、関脇高安(27)=本名高安晃、茨城県出身、田子ノ浦部屋=の大関昇進を正式に決めた。

 協会は春日野理事(元関脇栃乃和歌)と片男波審判委員(元関脇玉春日)を東京都内のホテルに派遣し、昇進を伝達した。新大関高安は伝達式後に会見、主なやりとりは以下の通り。

 --おめでとうございます

 「込み上げてくるものがある。この世界に入って自分がこの場に立てるとは思っていなかった。きょうを迎えることができて本当に幸せ」

 --使者を待っていたときの気持ちは

 「一生に一度のことなので、しっかり(口上を)かまないようにいおうと心掛けていた」

 --口上は

 「自分の気持ちを正直に言えた。大関になるという覚悟として、この言葉を選んだ」

 --入門から12年

 「たくさんのことがあってたくさんの人に支えられ、迷惑もかけた。うまくいかないときもあった。いろんなことを考えた。感謝の気持ちでいっぱい」

 --両親への思いは

 「迷惑をかけましたし、やっと恩返しができた。感謝の気持ちでいっぱい」

 --稀勢の里関には

 「たくさんけいこをしてもらい、今の自分があるのも横綱のおかげ」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ