球界が「二刀流大谷仕様に」 球宴規定新設、ポスティング改正 本人はリハビリ中

 【スポーツ異聞】

 投手と野手の「二刀流」をこなすプロ野球の日本ハムの大谷翔平投手(22)の登場で、球界はさまざまなルール変更を行っている。昨季は、プロ野球担当記者らが選ぶベストナインの投票規定が変更。これまで、同一の選手を複数ポジションで投票した場合は無効になっていたが、投手と野手の重複投票が認められた。さらに、今季は、オールスターに新たな規定が設けられ、日米間ではポスティングシステムの改正に向けた協議が始まった。

 今季からオールスターの規定には、投手で選出された選手が野手として出場する場合は、投手1人を補充できる規定が加わった。昨季、大谷はファン投票の投手部門で選出されていたが、右手中指のまめを潰した影響で投手ではなく、野手として出場した。他の投手が大谷が抜けた分のイニングを投げる必要が出たため、今回、投手不足を解消するための措置として設けられた。

 大谷の存在は、米球界も動かした。今オフにも米大リーグに移籍する可能性が取り沙汰されているが、海外フリーエージェント(FA)権を取得していない大谷は、ポスティングシステムを利用する必要がある。米大リーグ機構(MLB)は、同制度の改正を日本野球機構(NPB)に申し入れた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ