「本当に光栄」稀勢の里が横綱力士碑に刻名 東京・富岡八幡宮

 大相撲の第72代横綱稀勢の里関(30)=本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が9日、東京都江東区の富岡八幡宮で、歴代横綱のしこ名が彫られている「横綱力士碑」の刻名式に出席し、自らものみを握ってしこ名を刻んだ。

 その後、日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)ら協会幹部が見守る前で雲竜型の横綱土俵入りを披露した。見物客は約3000人だった。

 式を終えた稀勢の里関は「素晴らしい石碑(横綱力士碑)に名前が載るのは本当に光栄。相撲の充実に向けて、しっかり努力していきたい」と責任感を口にした。

 稀勢の里関は1月の初場所で初優勝し、3代目若乃花以来19年ぶりの日本出身新横綱となった。3月の春場所では左上腕付近を痛めながら逆転優勝したが、3連覇を狙った5月の夏場所は負傷が完治せず途中休場した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ