イチローは1打数無安打 連続試合安打は6で止まる

 マーリンズのイチローは18日、アトランタでのブレーブス戦で4-4の九回に代打で出場し、1打数無安打で守備には就かなかった。連続試合安打が6でストップした。内容は空振り三振で、2割2分4厘。チームは4-5でサヨナラ負けした。

 イチローは同点の九回1死から代打で空振り三振に倒れ、7試合連続安打を逃した。2球で追い込まれた後、ファウルで粘るなどしてカウントは2-2。最後はファウルチップした外寄りの速球が捕手のミットに収まった。

 直後にチームはサヨナラ負けを喫した。1死一、三塁でオズナを左翼から内野に回したものの、フィリップスが放ったゴロが中堅に抜けていった。マッティングリー監督は「九回は誰かの正面に打球が飛んでくれることを祈ったが、望んだ方向にゴロが転がらなかった」と淡々と話した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ