井上尚弥、9月に米国進出 「スターになるための第一歩」 ニエベスとV6戦 BOX

 プロボクシングのWBO世界Sフライ級王者の井上尚弥(24)=大橋=が9月9日(日本時間10日)に、米国で6度目の防衛戦を行うことが19日、発表された。WBO世界バンタム級7位のアントニオ・ニエベス(30)=米国=の挑戦を受ける。場所は未定。

 念願の米国進出が決まった井上は「前から望んでいた試合。正式に決まって、ワクワク感と楽しみがある。(米国での試合は)スターになるための第一歩だと思う」と自信たっぷりに話した。

 この興行はSフライ級のトリプルビッグマッチ。井上の防衛戦のほかに、WBC世界同級王者のシーサケット・ソールンビサイ(30)=タイ=と、前WBC同級王者のローマン・ゴンサレス(30)=ニカラグア・帝拳=がダイレクトリマッチで激突。WBC同級挑戦者決定戦として、同級2位のカルロス・クアドラス(29)=メキシコ・帝拳=と、同級3位のファン・フランシスコ・エストラーダ(27)=メキシコ=が対戦する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧