“新帝王”ワトソン、松山を絶賛 「すべてのものがそろっている」 国内男子

 “新帝王”の異名で知られる男子ゴルフのトム・ワトソン(米国)が19日、千葉・千葉カントリー倶楽部梅郷Cで会見を開き、「ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯」(8月17~20日、北海道・恵庭CC)のグローバルアンバサダーに就任することを発表した。

 世界的な活躍を目指す日本男子プロゴルファーの支援を意義とする大会は、ことしで4年目を迎える。ワトソンは「大変光栄。自分の才能は国際舞台で戦うことでわかる。国内だけでなく海外で戦うためにも支援したい」と意欲的だった。

 また全米オープンで2位に入った松山英樹(25)=LEXUS=の強みについては、「パッティング。飛距離も出せる選手だ。松山には“フルツールボックス”というあだ名をつけたい。すべてのものがそろっている」と絶賛していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧