阪急監督・3年連続日本一 上田利治氏死去

 プロ野球阪急(現オリックス)の指揮を執り、日本シリーズ3連覇を果たした上田利治(うえだ・としはる)氏が死去したことが2日、分かった。80歳だった。

 徳島県出身。徳島県の海南高から関大に進学し、阪神の元監督、村山実氏とバッテリーを組み、大学日本一になった。昭和34年に広島に入団。選手としては大成せず、3年間で引退したが、優れた野球理論を買われ、昭和37年からコーチを務めた。

 広島退団後、評論家を経て、昭和46年に阪急のコーチに。西本幸雄氏の後任として、昭和49年から監督。50年から日本シリーズ3連覇した。53年にヤクルトに日本シリーズで敗れた責任をとり退団したが、56年に復帰。平成2年まで指揮をとり、昭和59年にはリーグ優勝した。その後、平成7年から5季、日本ハムを率いた。

 監督通算20年間の成績は1322勝1136敗116分け。最下位の経験は一度もなく、リーグ優勝が5度、日本一は3度。平成15年に野球殿堂入りした。

 理論家肌の一面、勝負への執念はすさまじく、昭和53年のヤクルトとの日本シリーズで本塁打の判定をめぐり、プロ野球史上最長の1時間19分の猛抗議をした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧