【魅惑アスリート】20歳のテニス美女、ドナ・ベキッチ 12歳年上の交際相手に降りかかったトラブルとは…

 青いテニスウエアで優勝トロフィーをいとおしげに抱える美女は誰なのか。ウィンブルドン選手権の前哨戦として英国で行われ、6月18日に閉幕した女子ツアー、エイゴン・オープン・ノッティンガムで3年ぶりにツアー2勝目を挙げていた。美女ゆえに予期せぬトラブルに巻き込まれることも…。

 この美女は、クロアチア出身で20歳のドナ・ベキッチ。17歳の2013年に世界ランキングは86位とすでに100位を切り、将来を嘱望された若手の1人だった。

 最近はスランプだったのか伸び悩み、16年には世界ランクは101位に落ちていた。今年初めの豪州で行われた大会には12歳年上の恋人で世界ランク3位のスタン・バブリンカ(32、スイス)の縁に頼ってワイルドカード(主催者推薦)を得て試合に出場したと豪州メディアで報じられていた。残念ながら初戦負けと結果を出せずにいた。

 優勝したノッティンガムの直前だった全仏オープンでは初戦負け。3大会前のマドリード・オープンでは2回戦に進んだものの、土居美咲(26)に1-6、2-6と惨敗していた。ところが、ノッティンガムでは順調に勝ち進むと、もともと「闘志あふれるファイター」と紹介されていた選手とあって準決勝でフルセットで勝利。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ