31歳の稀勢、高安と18番で11勝!体調も相撲も“ケーキ”回復

 大相撲名古屋場所(9日初日、愛知県体育館)左上腕部と左大胸筋に負傷を抱える横綱稀勢の里は3日、愛知・長久手市の田子ノ浦部屋で弟弟子の新大関高安(27)と連続18番取って11勝7敗だった。この日は横綱として初めて迎える誕生日。31歳を笑顔でスタートさせた。

 「いいも悪いも自分で決める人生。またいい一年にしたいし、一つでも多く優勝したい。強い横綱になりたいという気持ちをもってやっていく」

 30歳では悲願の初優勝を果たし、横綱にも昇進。この名古屋は昇進3場所目となる。だが、1日まで2日間行われた二所ノ関一門の連合稽古では精彩を欠き、連日の負け越し。患部を気にするそぶりもみせていた。

 前日2日は休養日とし、ひと息入れた。再開した稽古ではもろ差しを許し、上手出し投げに体勢を崩すなど6連敗から始まったが、そこから5連勝。得意の左四つに組み止め一気の出足もさえ、6連勝で締めた。

 「疲れも取れた。久しぶりに(稽古に)手応えがあった」と納得の表情で、体調も相撲内容も“V字回復”をアピール。「(この稽古は)いいきっかけになる。形さえ決まれば、なんとかなる」。一週間を切った初日を、きっちりと見据える。 (奥村展也)

★バースデー・ケーキは

 3月に文具メーカーのショウワノートが稀勢の里の横綱土俵入りを「ジャポニカ学習帳」の表紙に描いたものと同じ図柄がデコレートされた。横綱は精巧なでき映えに「(ケーキも)毎年進化しているね」と笑顔。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ