錦織圭は「ツアーで最も壊れやすい選手」 仏有名スポーツ紙が衝撃の指摘

 【スポーツ異聞】

 テニスの四大大会、ウィンブルドン選手権(7月3日~16日、ロンドン)の前哨戦、ゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ・ハレ)で、世界ランキング9位の錦織圭(27)は6月22日に行われたシングルス2回戦で、左臀部の痛みによって第1セットの途中で棄権した。芝コートのこの大会で3年連続の棄権となり、最近、錦織の棄権が多い印象をぬぐえない。仏有名スポーツ紙レ・キップは6月23日、錦織が過去10年の男子ツアーで24回も棄権しており「ツアーで最も壊れやすい選手」と報じた。米国人ジャーナリストもツイッターで錦織を批判したところ、気性が荒く暴れん坊として知られる豪州のニック・キリオス(22)がツイッターで擁護し、話題を呼んでいるという。

 錦織にとって“鬼門”の大会なのか。ゲリー・ウェバー・オープンでは2015年に左ふくらはぎ痛、16年に左脇腹痛で棄権していた。今回も1回戦でなかなかエンジンがかからずフルセットの末で勝利。そして臨んだ2回戦。世界ランク38位のカレン・カチャノフ(21、ロシア)に対し第1セット、2-3とされた後にメディカルタイムアウトを取ってマッサージを受けた。しかし、自らがサーブ権の第6ゲームでプレーに力なく、棄権を申し入れたのだ。試合時間は34分だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧