張本勲さんも〝参戦〟プロ野球の試合は誰のものか? 疑問を掘り起こした青木宣親外野手の投手起用

 【スポーツ異聞】

 米大リーグ、アストロズの青木宣親外野手(のりちか、35)が6月30日、米国テキサス州ヒューストンのミニッツ・メイドパークで開催されたヤンキース戦で、メジャー初登板を果たしたことが、物議をかもしている。“快挙”と報じられる一方で、一部評論家らからは「草野球じゃないんだから」などと批判が出ている。プロ野球の“興行”としてのあり方が問われている。

 青木がグラブを手にマウンドに上がったのはヤンキース戦の九回。4-10と大きくリードを許した場面で、6番手の投手として登板した。いわば、敗戦処理の役割だ。

 宮崎・日向高時代は投手としてプレーした青木だが、早大からは外野手に専念。プロ野球ヤクルト時代を含めても投手経験はなく、メジャーを舞台にいきなりの“大役”だった。

 さすがに“急造”の投手は難しい。最初はストライクが入らない。2者連続で四球を与えてしまい、9番カーターに左中間への適時二塁打を浴びた。続く打者には犠飛を打たれ、2点目。さらには内野ゴロの間に3点目を失った。そんな中でも見せ場をつくった。2死走者なしで強打者ジャッジを迎えた場面。126キロの球で空振りさせると、中飛に仕留めた。

 もともと投手だった青木は、投手にも興味があったようだ。元ヤクルト関係者は「青木は研究熱心で、投手による練習にも参加し、投げ方を学んでいた」と証言する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ