稀勢の里、序盤で早くも2敗!鶴竜にも土 名古屋場所

 大相撲名古屋場所3日目(11日、愛知県体育館)横綱稀勢の里が栃ノ心に寄り切られ、序盤で早くも2敗目を喫した。横綱鶴竜も北勝富士に敗れ今場所初黒星。横綱白鵬は全勝を守り、大関高安は琴奨菊を下し2連勝となった。

 稀勢の里は立ち合い左から踏み込むが、早々に栃ノ心に左下手に加え右前まわしをつかまれて左が差せない。何とか十分の形を模索する稀勢の里だったが、両まわしを取った栃ノ心になすすべなく寄り切られた。

 鶴竜は立ち合いで鋭く踏み込んで突いていったが、北勝富士に頭を下げて攻められると一気に押し出された。北勝富士は横綱初挑戦で金星を挙げた。

 白鵬は立ち合いで正代を受け止めると、左に突き落として地をはわせた。高安は琴奨菊と左四つに組むと、寄り立てようとする琴奨菊の左腕を抱えながら突き落とした。

 初日から連敗していた横綱大関陣にいずれも初日が出た。横綱日馬富士は貴景勝、大関照ノ富士は苦手の勢を寄り切りで下し、大関豪栄道は御嶽海を押し出した。全勝同士の玉鷲-嘉風は寄り切って嘉風の勝ち。

 宇良は輝の突きに後退し、土俵際でのけぞった際に体勢を崩す。そんきょのような姿勢になったところを押し倒され初黒星。遠藤は千代翔馬を落ち着いて突き落とし2勝目を挙げた。平幕の全勝は阿武咲、碧山、錦木。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ