全パ・栗山監督、“幻の侍打線”3番大谷→4番ギータ組む!/球宴

 プロ野球マイナビオールスターゲーム2017は14日にナゴヤドームで第1戦(午後7時開始)が行われる。全パ・栗山英樹監督(56)=日本ハム=は13日、第1戦で柳田悠岐外野手(28)=ソフトバンク=の4番起用を明言。3番には大谷翔平投手(23)=日本ハム=を据え、“幻のサムライ打線”を組む。

 栗山監督が名古屋市内のホテルで、第1戦の構想を明らかにした。

 「4番? 普通に考えたら柳田とか、ギータとか。そんな感じになる」

 どちらも“答え”は、柳田の珍回答。指揮官は明るく笑顔で明かした。そして、「3番・DH」には、左太もも裏肉離れから復帰した大谷が入る見込みだ。

 ともに故障が原因で3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の出場を断念したスラッガー。2人は試合前のホームラン競争から登場予定。柳田は「部屋で腕立てをして、試合に臨みます!」。大谷は「ファンのみなさんの期待に応えられるように頑張ります」と気合を込めた。

 「パワーとスピードがパ・リーグのイメージ。そういったものが前面に出せるように選手たちは頑張ってくれると思う」と栗山監督。大谷&柳田を中心とした豪快な野球で、真夏の祭典を盛り上げる。 (桜木理)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ