稀勢の里、2場所連続で休場 左足関節靱帯損傷で

 大相撲の横綱稀勢の里(31)=田子ノ浦部屋=が名古屋場所6日目の14日、「左足関節靱帯損傷」で約3週間の安静加療を要するとの診断書を日本相撲協会へ提出し、休場した。稀勢の里の休場は2場所連続3度目。

 5日目の勢戦で同患部を痛め、打ち出し後に病院へ直行し、診察を受けていた。師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)は、この日朝の状況をみて出場可否を判断するとしていた。稀勢の里は左上腕部、左大胸筋に負傷を抱え、序盤戦を終えて2勝3敗と精彩を欠いていた。

 6日目に対戦が組まれていた小結琴奨菊は不戦勝。3場所目を迎えた17年ぶりの4横綱だが、2場所続けて鶴竜と合わせた2人が休場となった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧