2カ月ぶり実戦も振るわない宮里美香 「どこまで気持ちが高まるか」

 約2カ月ぶりの実戦となった宮里美香。「自然体でできたと思う」と言うが、振るわず2バーディー、5ボギー、1ダブルボギーと崩れた。

 一進一退だった前半、8番でスコアを落とし、「パー5のボギーはもったいなかった」。やはりパー5の18番は3打目を「ダフって」右の池に入れてダブルボギーとなり、肩を落とした。

 昨年、リオデジャネイロ五輪の出場権を逃したことで「目標を見失った」。今季も調子は上がらず5月半ばから休養に踏み切った。「メジャーで自分の気持ちがどこまで高まるか」と臨む9度目の全米女子オープン。出遅れたが、「悪かったのは最後だけ。頑張ればいける」と気を取り直した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ