イチローの選手生命維持装置「マイルストーン」 最年長や通算安打記録更新に意欲

【大リーグ通信】

 マーリンズのイチロー(43)にとって、次々にやってくる「マイルストーン」、つまり金字塔が現役を継続させる重要な要素であるようだ。

 7月6日のカージナルス戦、イチローは久しぶりに興奮していた。「最多記録というのは重要ではないです。誰の記録というのが重要。ロッド・カルーで、それが特別ということです。実際会ったときも、あふれる空気にすごく僕のことを気にかけてくれているのが伝わってきた。あの雰囲気でいられるのは王(貞治)さんに通じるものがあって、そういう意味で特別な記録、かかわりです、僕の中では」と語った。

 24位のロッド・カルー(71、元ツインズ)が持つ3053安打を超え3054安打とした試合だった。パナマ出身のカルーを上回ったことで、米国以外出身選手でトップになった。

 「24位の次は23位。そして22位と続いていく」(MLB公式HP)と、カウントダウンは終わりを見せない。さらに23位リッキー・ヘンダーソン(58、アスレチックスなど)の3055安打、クレイグ・ヒジオ(51、アストロズ)の3060安打と続いていく。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ