高校野球 西東京大会 早実・清宮に「逃げたら悔い…2発目許さず」 南平3年・大日方樹(おびなた・いつき)投手

 「逃げたら一生悔いが残ると思った」

 五回裏、無死満塁で話題のスラッガー、早実の清宮幸太郎を打席に迎えた。

 清宮には初回、浮いた直球をスタンドに運ばれ、「今までで一番当たりが強い」と感じていた。

 4イニングを投げきったところで、予定の継投策により、2年生の小川智也にマウンドを譲ってライトに移った。しかし、清宮効果で今まで見たことのない大観衆に沸く大舞台だ。小川と3番手の1年生、寺内湧二はワンアウトも取れないまま満塁にしてしまう。エースが急遽(きゅうきょ)、マウンドに呼び戻された。

 「(寺内には)いつも助けてもらっていた。自分がエースとしてしっかり抑えなければ」と上がった覚悟のマウンド。

 清宮は浮いた球を逃さないし、打球は強い。しかし、ぎりぎりのボール球にも手を出してくると感じていた。「打たれたらしようがない。思い切って腕を振っていこう」。外角低めに球を集めて二飛に打ち取った。続く野村大樹も併殺に打ち取り、絶体絶命のピンチをしのいだ。

 「投げるたびに笑顔で振り向き『任せとけ』と声を掛けてくれた」と主将のセカンド、諏訪良太郎が振り返る。その笑顔は試合後も消えず、インタビューに「悔いはない」と答えた。(安村文洋)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ