試合後一問一答 阪神・梅野、決勝打に「なんとかやりかえしたいという一心」

 (セ・リーグ、阪神2-1広島、12回戦、阪神7勝5敗、17日、甲子園)阪神は広島との球宴明け初戦となった接戦を制し、4連勝で首位との差を7ゲームに縮めた。1点を追う四回に糸原、梅野の連続適時打で逆転。先発したメッセンジャーが6回4安打1失点でリーグトップタイの9勝目を挙げた。

 以下は梅野の一問一答。

 --四回の適時打はどんな気持ちで打席に

 「1打席目で併殺になってしまってチャンスを潰してしまった。なんとかやりかえしたいという一心だった。前の糸原が打ってくれて楽に打席に立てた。(打ったボールは)併殺したのと同じボールだったが、今度は一発で仕留められて良かった」

 --広島打線を1点に抑えた

 「前回の対戦で、ボコボコにやられてしまい、歯がゆかった。ランディ(メッセンジャー)も粘り強く投げてくれたし、なんとか引っ張っていけた。継投に入っても心強い後ろがいるので、それに乗っかって抑えていけた」

 --甲子園では広島相手に5連勝

 「みなさんの声援も(広島側には)プレッシャーになりますし、ファンの力だと思います」

 --あすの試合に向けて

 「後半戦の頭を取れたので、しっかり戦っていける。個人的にはには西岡さんが帰ってきて雰囲気はすごくいい。後半戦もチーム一丸で頑張りたい」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ