試合後一問一答 阪神・金本監督、1軍復帰の西岡は「新しい風というか、勢いですね」

 (セ・リーグ、阪神2-1広島、12回戦、阪神7勝5敗、17日、甲子園)阪神は広島との球宴明け初戦となった接戦を制し、4連勝で首位との差を7ゲームに縮めた。1点を追う四回に糸原、梅野の連続適時打で逆転。先発したメッセンジャーが6回4安打1失点でリーグトップタイの9勝目を挙げた。

 以下は金本監督の一問一答。

 --球宴明けの3連戦の初戦を取った

 「よく投手陣が強力打線を抑えてくれましたね」

 --先発のメッセンジャーについて

 「球数も多くてピンチの連続だったけど、どうにかなんとかしのいで、粘って結果的に6回1失点。きょうのような調子で抑えてくれたらいい」

 --1軍復帰した西岡をいきなりスタメンで使った

「ちょっと慣れないポジション(一塁)で不安だったがしっかりこなしてくれた。新しい風というか、勢いですね。1安打してくれて上出来でしょう」

 --四回の攻撃について

 「糸原が長打で打ってくれて、いい仕事をしてくれました。梅野もよく打ちましたね」

 --終盤は盤石のリリーフ陣

 「(七回の)桑原は不運な当たりでピンチで迎えたが、力でねじ伏せたというかね。やっぱりここは安心して見ていられる」

 --糸井の途中交代

 「ちょっと(症状については)聞いてないんで。心配です」

 --2戦目へ向けて

 「とにかく失点を少なく、相手は強力打線ですから。きょう勝ったことで勢いというか流れが来ているので、それに乗っていきたい」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧