WBC世界フライ級王者の比嘉がワンバン始球式 「30点。もっと練習します」 ボクシング

 プロボクシングのWBC世界フライ級王者・比嘉大吾(21)=白井・具志堅スポーツ=が25日、ヤクルト-中日(神宮)で自身初となる、始球式を務めた。平成7年8月9日生まれで、「789」の背番号をつけたユニホームで登板。勢いよく投じたボールはワンバウンドし、捕手・西田も後逸するほど。地元・沖縄でストラックアウトに行き、練習を重ねてきたものの、ストライク投球とはいかず、「ストライクを投げたかったけどバウンドしちゃいました。30点です。もっと練習します」と苦笑いを浮かべた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ