遺恨のテニス美女2人 魅せる姿も競い マリア・シャラポワ30歳vsユージニー・ブシャール23歳

【魅惑アスリート】

 女子テニス界で今、“遺恨”関係にある選手といえば、マリア・シャラポワ(30、ロシア)とユージニー・ブシャール(23、カナダ)の美女2人だろう。ドーピング違反で出場停止処分を受けたシャラポワのツアー復帰をめぐり、特権的な優遇を受けた大会出場に対し、何人もの選手が批判したが、ブシャールは「ペテン師」呼ばわりするほど最も先鋭的だった。最近、インターネットニュースサイトがブシャールに関係は軟化したかを聞いたところ、シャラポワに対する考え方に変わりはなかったという。コートで魅惑的なユニホーム姿を見せる2人だが、オフコートはホットな冷戦関係だ。

 四大大会の今季最終戦となる全米オープン選手権の前哨戦の一つ、バンク・オブ・ウエスト・クラシックで、ワイルドカード(主催者推薦)で出場したシャラポワは7月31日の1回戦で淡いピンク色のユニホームで躍動。6-1、4-6、6-0で下し、米国開催の大会で約2年半ぶりの勝利した。AP通信によると、「米国は私にとって最も故郷に近い場所なの」と感慨を新たにしていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ